メガホンと男性

レビスマの副作用

幻覚のイメージ

副作用には様々な症状があり、飲む人によってその効果や現れ方は様々といえるでしょう。だからと言って服用を避ける必要はありません。レビスマの副作用をきちんと理解しした上で、いざという時に備えましょう。

日本国内で認可されているED治療薬の中で、最も効果が強いのがレビスマです。レビスマの20mgはED治療薬の中でも、トップクラスの強い効果を得られるため、バイアグラ50mgや、他のED治療薬から、レビスマに乗り換える人もたくさんいるそうです。レビスマの副作用としては、頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、視覚異常、彩視症、光視症、まぶしい、かすむ、青くみえる、など。これらの副作用はレビスマに限らず、他のED治療薬にも見られる症状です。顔のほてりや目の充血は、ED治療薬の血管拡張作用によるものであり、薬の効果があらわれた兆候でもあります。頭痛、動機、鼻づまり、色覚変化の症状があらわれた場合、どれも一時的なものですので、まず心配ありません。レビスマに限らず、ED治療薬全般の副作用には、個人差があるようです。

レビスマの服用で気を付けないといけなことは暴飲、暴食です。暴飲、暴食をしてからレビスマの服用は、少なからず効果が半減してしまいます。脂っこい食事をした後でレビスマを服用すると、この場合も効果が半減してしまいます。デートの際、食事に行ってお酒が進み、脂っこい食事をお腹いっぱいに摂ろうとすれば、消化が悪くなり、レビスマの服用前、服用後であっても、レビスマの効果が発揮できなくなり、結果として効かないという状況になりやすくしてしまいます。いずれにしても、食べ過ぎは身体に毒です。メタボリックシンドロームを引き起こす原因となり、レビスマが効かないどころかEDの症状を悪化させる可能性があります。